お客様インタビュー12

好きなものに囲まれて、家族と幸せに暮らす理想のお家

大阪府泉南市 M様邸 (工期3ヶ月)

平屋で庭付きのお家に住むことが夢だったM様。
念願の夢をリノベーションで叶え、家族と幸せな時間を過ごせる素敵なお家が誕生しました。

好きなものに囲まれて、家族と幸せに暮らす理想のお家

Q. 谷上工務店を知ったきっかけは?

住宅雑誌を見て、パラパラめくって好みの会社に何社か資料請求をしていました。その中の1社です。もともとはリノベーション希望だったんですけど、ちょうどその頃はいろいろ考えていたら、どうすればよいか分からなくなっていた時期でした。いったん新築も視野に入れようと思って、新築をメインに資料請求しました。谷上工務店さんを調べていくと、リフォーム事業部もあることを知り、それなら、話を聞いてみよう!と思い立ちました。

「玄関の靴箱はM様の手づくり!アメリカンスイッチやインテリアとも相性バッチリ☆造作窓を玄関に取り付けることによって、LDKからの光が差し込み明るい雰囲気に。」 「玄関の靴箱はM様の手づくり!アメリカンスイッチやインテリアとも相性バッチリ☆造作窓を玄関に取り付けることによって、LDKからの光が差し込み明るい雰囲気に。」 「玄関の靴箱はM様の手づくり!アメリカンスイッチやインテリアとも相性バッチリ☆造作窓を玄関に取り付けることによって、LDKからの光が差し込み明るい雰囲気に。」

「玄関の靴箱はM様の手づくり!アメリカンスイッチやインテリアとも相性バッチリ☆
造作窓を玄関に取り付けることによって、LDKからの光が差し込み明るい雰囲気に。」

Q. 谷上工務店を選んでくださった決め手は?

スピードと、担当者の菊地さんです。まず、電話で自分たちがいいなと思う物件があり、それをリノベーションしたいということを伝えました。その後、初めてお会いした時にリノベーションの図を見せてもらい、そのあとすぐに物件を見に行きました。スピードが速かったのは、すごく好印象でした。菊地さんの、「できないことはないです!」っていう言葉も印象に残っています。心強かったですね。

「シックな洗面台。磁石でくっついた石鹸は清潔感もアップし、画期的。」

「シックな洗面台。磁石でくっついた石鹸は清潔感もアップし、画期的。」

リノベーションがしたい!そう考えられたきっかけは?

もともと家具や部屋をカスタマイズすることが好きでした。夫婦二人ともそういうのが好きなので、新築では物足りないな…という気持ちがありました。年数が経った中古物件を買って、自分たちで気軽に改装していくにも、子どもがいると難しい。普通の中古物件を買って住むことも考えましたが、それも違うなと。いろんな考えが出てきて、迷子になっていました。そこで原点にかえって、自分たちは何が一番したいんだろうと考えたときに、やっぱりリノベーションがしたい! という思いが一番強かったんです。

一番のこだわりポイントを教えてください!

一番こだわったのは、やっぱりLDK。扉つきのパントリーや、カウンター代わりのダイニングテーブルをつくり、すっきりとした印象にしたり、空間を有効活用して広く見えるようにしています。キッチン側は、一段下げてもらって、調理しやすく、テーブルをカウンターとして使えるように工夫しました。
実はこのアイデア、施工途中でひらめいたんです。お家づくりでは、ひらめいたことをどんどん言っていきました。できるか、できないか、余分にお金がかかるか、予算内に収めるにはどうすればよいか、どの素材を使うと良いか。いろんなアドバイスを頂きながら話し合っていった結果、大満足のものができました。

「造作窓の上には、家族みんなのイニシャル。仲の良さが伝わってきます。」

「造作窓の上には、家族みんなのイニシャル。仲の良さが伝わってきます。」

ひとつひとつがおしゃれですね!参考にしているものはありますか?

雑貨などは、自分たちが好きなものを集めただけなので、まとまりはないかと思うんですけどね。(笑)家具は、大きな椅子やテーブル以外は手づくりです。
参考にしているものは、雑誌ですかね。谷上工務店さんに話を聞きに行くときに、自分たちの好きなイメージを伝えようと今まで買っていた雑誌を集めて、切り抜いて持っていきました。10年前に買った雑誌や最近買った雑誌を見ていたら、好きなテイストや趣味はあまり変わっていないなと実感しました。

「頻繁に開け閉めするドアには、ガラスのかわりに赤い星を入れてアクセントに。」

「頻繁に開け閉めするドアには、ガラスのかわりに赤い星を入れてアクセントに。」

リノベーションする上で不安だったところはありますか?

この物件が築36年だったので、白アリに食べられてないか、柱が朽ちていないかっていうのが心配でした。でも最初の段階できちんと診断してくださったので、そこはすぐにクリアになりました。
もともとリノベーションがしたかったというのと、二人とも古いものが好きなので、大きな不安はありませんでした。

谷上工務店にして良かったと点があれば、教えてください。

担当の菊地さんが、同い年なんですよ。出身も近くて、生きてきた年代が一緒ということもあって、話がすごく合いました。僕らが言ったことに共感してくれて実現してくれました。
谷上工務店さんに行く前に、別の不動産屋さんに行っていたんですけど、スーツを着た普通の人が出迎えてくれて。私たちが言うことを、あまり分からないなぁと言われました。普通の不動産屋さんに頼んでいたら、今とは違うイメージになっていたのかなと思います。谷上さんに頼んで気づきましたね。この選択をして、正しかったと。

「ヘリンボーンや青色のタイルを背景にディスプレイ。調味料もたちまちおしゃれなインテリアに変身♪」 「ヘリンボーンや青色のタイルを背景にディスプレイ。調味料もたちまちおしゃれなインテリアに変身♪」

「ヘリンボーンや青色のタイルを背景にディスプレイ。調味料もたちまちおしゃれなインテリアに変身♪」

リノベーション中の思い出は?

庭の切り株の根っこ堀りが一番の思い出ですね。庭にたくさん木が植えられていたので、それを頑張って引き抜いていました。僕が朝、一番大きい切り株を掘っているときにちょうど菊地さんも現場に来てくれていました。菊地さんが帰ったあとに抜き終えて、達成感でいっぱいになって写真を送りました。
菊地さんもすごく感動してくれました。もう一つの思い出は、そんな菊地さんと一緒に仕事ができたことですね。

お家、住んでみてどうですか?

あったかくて、すごく住みやすいです!
以前は、戸建ての賃貸に住んでいたのですが、狭くて古かったんです。だから、今が快適すぎます。
子どもはこんなちっちゃい時からこのお家に住めて贅沢ですよね。(笑)

「既存の梁をむき出しに。そしてエントランスのタイルを白く塗り、外観も内観も開放感をプラス!」 「既存の梁をむき出しに。そしてエントランスのタイルを白く塗り、外観も内観も開放感をプラス!」

「既存の梁をむき出しに。そしてエントランスのタイルを白く塗り、外観も内観も開放感をプラス!」

これからリフォームする方へのアドバイス

とりあえず自分たちがやりたいことを伝えて、話をすることだなと思います。情報共有は大切ですよね。それをしっかりできたら良いお家になると感じます。
担当者との相性もあると思いますけどね。私たちはすごくラッキーでした!