Reli renovation style ロゴマーク

メニューを開く

Interview
お客様の声

001

【店舗リノベ】お客様により高い自由度でくつろいでいただける空間に

大阪府大阪市店舗 ホテルエニシア

お客様により高い自由度でくつろいでいただくために

今回はホテルエニシアさまにお伺いし、リノベーションの感想を伺わせて頂きました。
外国人観光客が多く、ホステルやホテルが集客に鎬を削りあう「難波」という場所で営業されているエニシアさま。
どのような意図でリノベーションを決意されたのか。また、なぜReliにご依頼されたのか。

結論から言うと、その狙いと想いは間違いなくお客様の心に「刺さる」こと間違いなし。
そして、Reliだからこそできた、お客様と二人三脚でつくる上げたリノベーションだった、と言わざるを得ませんでした。

今回のリノベーション箇所と、大変だったこと

今回、エニシアさまは受付廻りとゲスト様のフリースペース部分をリノベーションされました。
もともとは和室スペースだった場所をゲスト用キッチンとバーカウンターに一新。
合わせて様々な造作物も設置し、木のヌクモリをしっかりと感じられる空間に生まれ変わりました。


造作関係については後程触れることとしますが、なぜ外国人ウケの良さそうな和室スペースを排除してこのようなリノベーションに踏み切ったのか。
オーナー様は、こうおっしゃいました。

「和室スペースは半個室となっていて、障子を閉めるともはや個室となってしまいます。
そうすると、一組のゲスト様が使用されるとほかの方は使えない空間となってしまいますよね? 限定的な使い方をするより、いろんなお客様が
有意義に使っていただけるような空間にしたかったんです。

また、つくる過程でいろいろと『やはりこうしたい!』、という箇所が出てきたので随時相談させて頂いていました。
無茶な要望もあったと思うのですが、担当して頂いた営業の方のレスポンスの的確さ、そしてよりよいご提案をいただいたりも出来て、本当に助かりました」

広々空間でノンストレスなゲスト様用のキッチン

ゲストの自由度を上げるためのリノベーション。
その結果として、ゲスト様に使っていただける造作物やゲスト用キッチン、そしてバーカウンター。

造作物については後ほどご説明させて頂くとして、まずはゲスト用のキッチンについてご紹介。


無垢材でつくられた作業台に、緑色のタイル壁の対比が美しいです。
スタッフの方が使うようじゃないのか? と思ってしまうくらいに広くスペースを取っているため、一切の圧迫感を感じません。
ちょっとした料理をするのに全く困らないゲスト様用キッチン。ちょっとすごくないですか?

「ちなみに、この辺りの改修については結構色々と相談させて頂いて、当初の想定よりもずっといいものに仕上がっています。
無理を言ったにもかかわらず、何とかご対応いただけたReliの皆さんには本当に感謝しています」

そうおっしゃるオーナー様の言葉に、Reli担当営業もはにかんだ笑みを浮かべていましたよ!

専用のグラスもあり、まったりと過ごせるバーカウンター

続いて、バーカウンターの紹介です。

ウイスキーや日本酒、焼酎。そしてホテルのロゴを刻印したグラスと日本酒用の升をディスプレイしております。
MAID IN JAPANのお酒を堪能していただきたいから、とおっしゃるオーナー様のホスピタリティがうかがえます。

「無垢のカウンターにはモルタルで合わせたいと思うんですが…という質問を担当してくださった営業に相談したところ、

『モルタルもいいと思いますが、ここはあえて石材にしましょう!』

とご提案いただけまして。
なるほど、と思い実際につくっていただいたのですが、完成したものを見るとそれはそれはかっこよくて。
とても満足です!」

と、オーナー様。
木材×石材のモダンさが、バースペースにふさわしい、ピリッとしたな雰囲気を醸しています。

どうでしょう。
ここでグラスを傾ける絵は、「映え」ませんか?

造作だって、盛りだくさんです!

受付・フリースペース部分のリノベーションに合わせて、新たに制作した造作の数々についても、
しっかりご説明させて頂きますね。

1.かわいいウェルカムニッチ棚
お客様をお出迎えするかわいらしいニッチ棚。
観葉植物の緑が、ナチュラル感を増していますね。
2.フライヤーや雑誌をディスプレイできる造作棚
フロントすぐに配置された造作棚。
フライヤーや雑誌など、ゲスト様に見ていただきたい情報がバシッと目に留まる
この棚も、しっかり弊社で造作いたしました。
木のヌクモリ感、ディスプレイ越しにも伝わりますか?
3.コンセントもあります! 造作カウンター
個人的にグッと来た箇所です。
コンセントも完備した、カウンターなので、ノマドもできます!
こちらも無垢材使用なので、ほっこりとした気持ちで作業ができますよ!

4.机3台を合体! 中央の観葉植物が「映え」る造作机
一番目立つ、こちらの大きな造作机。
フロアにある机3台分のサイズを誇るこちらの机はまさに圧巻。

中央をくりぬき、観葉植物をのぞかせることで、オシャレ感をアップ!
朝のおいしいコーヒーが、さらにおいしく感じられること間違いなしです!

Reliに依頼した理由

これまで紹介したように、今回のリノベーションはすべて「ゲスト様がより快適に使っていただく」ことに注力したものでした。
数あるリノベーション屋の中から、Reliを選んでいただけた理由は何だったのでしょうか。

オーナー様は、このように答えてくださいました。

「やはり、なんといっても二人三脚で一緒により良いものをつくってくれることですね。
完成形が見えてくると、『ここはもう少しこうしたいかも…』という思いが出てきて、何度も無理を承知で変更の相談をさせていただきました。

その時、『できません』ではなく、『やってみます』と言ってくれたのが頼もしかったです。
そして、より良い改善があれば――バーカウンターの場合みたいに――『こういうものはどうでしょうか?』とご提案までしていただける。

大変な中でも、一緒に試行錯誤してつくり上げてくれていた安心感がありました。

また、つくって終わりにしない所も素晴らしいです。
つくった結果で何か改善点が発生した場合でも、迅速に対応していただける。より良くしようと一緒に考えて下さる。
つくったものの良さももちろんですが、このアフターフォローの万全さこそが一番信頼できる点だと思います」

これからReliに依頼しようと考えていらっしゃる方へ

Reliに依頼しようとされている方に、何か一言いただけますか?

このような質問に対し、オーナー様は特に悩む様子もなく、このように答えてくださいました。

「つくりながら相談し、その結果を反映させていくことは、決して簡単なことではないです。
それでも、トライアル&エラーを繰り返しながら、一緒に走り抜けるのは大変さを伴いましたが楽しかったです。
二人三脚で理想の空間を作り上げていく安心感は、きっと、他のリノベーション会社では得られないものだと思います。

Reliへのご相談を検討されている方は、まず安心してご相談されていいと思います」

OTHER INTERVIEWその他のお客様の声を見る

アイコン 旗イラスト

Reliが叶えるリノベーションを、
もっと知りたい!
お近くの展示場・支店へ、お気軽にお越しください。
お急ぎの方はお電話でのご予約も受け付けております。

  • 来店予約キャンペーン 詳しくはこちらから リンクボタン来店予約キャンペーン 詳しくはこちらから リンクボタン
  • きっと、もっと、好きになる!カタログプレゼント リンクボタンきっと、もっと、好きになる!カタログプレゼント リンクボタン
  • イベント情報 リンクボタンイベント情報 リンクボタン
  • 期間限定モデルハウス リンクボタン期間限定モデルハウス リンクボタン
  • 暮らしのアレコレ Reli JOURNAL リンクボタン暮らしのアレコレ Reli JOURNAL リンクボタン
  • フリーダイヤル:0120140777
  • Reli インスタグラム リンクボタンReli インスタグラム リンクボタン
  • Reli フェイスブック リンクボタンReli フェイスブック リンクボタン
  • Reli ピンタレスト リンクボタンReli ピンタレスト リンクボタン
ページトップへ

フリーダイヤル:0120140777

来場予約フォーム リンクボタン

カタログ請求 リンクボタン

ページトップへ ボタン