お客様インタビュー1

谷上さんは人も良かったし、デザインもかっこ良かったし、最初から最後まで大満足!

大阪府河内長野市 A様(工期:約3ヶ月)

実際の施工事例を見る

Q. どうしてリフォームしようと思ったのですか?

A様

きっかけはリフォーム前、和室でと床の間があって台所で区切られていたんやけどちょっと山なんで冬場それがすごく寒くてね。

そして築年数も経ってて断熱とか、そうゆうこともしっかりしたいと思ったのと、もう仕切りを抜いて広いLDKにしたいなあと。


築はもう40年くらいかなあ。まあ和室で結構広い間取りやったんですけど。(今のLDKの一部が)縁側もあったんやけど、うまく使えてなくて…どうせすべてワンフロアにしたら使いやすいんじゃないんかなあと思って。

Q. どこをリフォームされましたか?

一階部分を全面リフォームしました。
LDKLDK
「入った瞬間に、広さに驚くLDK。」

Q. どうして谷上工務店に決めようと思ったのですか?

LDK

(他社との検討は)実はそんなにまわってなくてね(笑)何年か前にしようとおもって何件か見積り取ってもらったりしたんですけど…。
たぶん他の工務店とか、4~5年前くらいやったかな。ただその時はいろんな事情があってできなかったんやけど。

谷上工務店さんを知ったのは、千代田の(新築の)オープンハウスにたまたま通りかかって。まだその時はリフォームはされてなくって…
「今リフォームはされてないんですか?」って聞いてみたら、
なんかすごい雰囲気が良かったんで、お願いしたいなあと思ってたんですけど…。
それから何年か経ってリフォームされてるって聞いて。


今回やろうと思ったときは、どっこも行ってないね。
そのオープンハウスに行った時はすごい若い人が多く、若い感性を活かして!みたいな感じで、すごい会社の雰囲気がええなあって。人も良かったし、家もかっこよかったし、ここかなって決めました。

(谷上工務店にしようて決めた時は)意見が合いました。毎日がもう寒くて、車乗ってる時に「もうやっぱリフォームしよう!」ってなって、そのまま直行して出かけました。
それまではすっごく長かったんですけどね。

やっぱりオープンハウスに行ったのもきっかけでした。すごく対応も良くってね。
ちょっと天然の素材を使っていたり、そういうのも興味があったんで。
なるべく家具とかも天然のものが良くて。(旦那さんも)そういうのが好きなんですよ。
そこがお互いに合って、色々「これどうかな、あれどうかな」って言い合って。(笑)
最終的に決めました。

Q. リフォームするにあたってこだわった部分は?

旦那様こだわりの本棚
「旦那様こだわりの本棚。」



(その頃お家のイメージは)雑誌見たり、こんなんがいいなあっていうのはたくさんあって。
(リフォームは)分担で決めたかな。
キッチンは妻が決めて。
初めは(旦那様が後でつくった)本棚も作ってほしかって、やけどちょっと予算的にオーバーして。

(特にこだわった部分は)私(奥様)、台所を片づけるのが下手なんですよ。(笑)すごい散らかってて…だから収納を「見えない収納」にしてもらって。
でも主人は「見せたい」って感じで。

「おうちにあるインテリアはどれも素敵です。」
「おうちにあるインテリアはどれも素敵です。」

(今本棚のある)壁には大きな窓があったんやけど、それを埋めてもらって。本棚を付けるために壁をしっかりしてもらったんですよ。本棚は絶対欲しくってね。本棚は作るって決めてたから、イメージとかは(打合せ時に)DVDを家で見たり、あとは「こんなんがいい」って写真見せたり、この食器を入れるとかって決めてたのもあったんで、寸法とかも図ってたんで全部言ったんですよ。


Q. リフォームを依頼されてみていかがでしたか?

LDK
「これが、見せない収納。とっても広いキッチンです。」
LDK

台所もすごい使いやすくなりました。
あんまり動かんでいいし、動線が短くなって。(今は対面だけど)
前はすごい孤立してて、ひとりでさみしく。(笑)
食器の上げ下げも子供もやるようになったな。前よりもスッと出来て楽になりました。前は引き戸があって重たかったんです。食器運ぶためにそこ開けなあかんかったんですけど、「寒い寒い、閉めて」って言い合ってて(笑)寒さに関してはこれからどうなるかなって感じですけど。(インタビュー時は10月)以前は今頃暖房つけてましたからね。
(お子様は)リフォームについて何にも言ってないけど、過ごしやすそうにしてるな。(笑)わんちゃんも今までは寒くても和室の横の縁側に居たんやけど、この冬はきっと一緒に温いところに居れるね。


Q. 谷上工務店に依頼して、もっともよかったと思われる具体的な事例は?

玄関の下のタイルは豊中のショールーム見ていいなあっておもって。
石川さんがその時にいっぱい持ってきてくれて。「うわあ、すごいなあ」って。
「もっとこんなんしたらどうですか」って言ってくれて。
今は中のタイルと外のタイルが違うんですけど、ほんとは外とおんなじイメージやったんです。
でもすごい迷って、「こうしたらどうですか」って言ってくれて、それがすごい良かったです。

「大満足の玄関のタイル。」
「大満足の玄関のタイル。」
トイレ

Q. 施工中の現場はいかがでしたか?

LDK

(施工中は)二階に住んでたんです。
だから毎日見てましたよ。(笑)写真とって。

毎日主人がフェイスブックに載せて、それ見て私(奥様)は言ってなくても「リフォームしてる」って周りも知ってて(笑)

(現場のスタッフは)ほんとに良かったです。
大工さんも解体屋さんもすごいさわやかで、親切にしてくれたし。ご近所の評判もすごく良くって。

終わってから水道の出が悪くなった時があって。
その時も来てくれはってすごく良かったね。
本当に現場の人はすごく良かった。近くで変わっていくのを見るとほんまに楽しかった。
定点観測もしとってん。(写真を組み合わせてムービー仕立てにしたものを見て)毎朝おんなじ所を出勤前に写真とっていったんですよ。

Q. これからリフォームされるお客様へアドバイスを!

ご夫婦
「お話し中も笑顔の絶えない素敵なご夫婦です。」

(担当の桑原は)きっちり一生懸命してくれはって。カウンターも自分で傷つけちゃって、自分でやったから色聞いて直そうとおもったんやけど、なんかあまってるやつあるからってゆうて持ってきてくれたり、アフターフォローもきっちりやってくれたり。
お客さんも「こんなんやりたい」っていうイメージ持ってはるはずやから、言いたいことを言わんとあかんなあと思います。自分たちは電気の配置とかも、「こんな机とか置きたいから」って(自分たちは)思ってて、ここから何センチとかも電気屋さんに伝えたら、聞いてくれて。
(トータル的に)ほんまにやってよかったと思います。